Maison du bébé*
長い不妊治療生活の結果、この度無事新しい生命を授かることができました まだまだ不安も一杯ですが、お腹の中の成長記録と、日々の色々を綴っていきたいと思います。2008年8月無事に女の子を出産いたしました
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




LDR


こっこの毎日については新しいブログを立ち上げました
よろしければ遊びにきてくださいませ

Famille de Cocco*



いつもたくさんの方に読んでいただいてとっても嬉しいです
今日は先日の続きを書かせていただきますねっ


入院して入ったお部屋はLDRというお部屋なんですが、
こちらは分娩、出産、回復を
ひとつの部屋でできるというところなんですね
なので「そろそろだから分娩室へ」という
移動がなくてすむんです
それだけでもありがといですよねー

本日の画像は、しのん*が入ったお部屋です
入り口から撮ったものなんですが、
かなり広いんですよー
ベッドもひろびろで、このベッドが分娩台になるんです
すごい!

陣痛室

こちらは陣痛室
しのん*がお着替えをしたお部屋です
ね、広さも感じも全然違うでしょう?

LDRの上にあるモニターには、ヒーリングの映像が流れていました
お部屋もね、いろんな色のライトがついて、
陣痛を和らげる効果を出してくれるんです
でも実際、陣痛がひどくなってきたら
そんなものあったの?って感じでしたが(;´▽`A

入院してから朝食をすませて。。。としているうちも
陣痛は絶え間なくやってきます
そのたびに「今何分?」って時間を聞いていました
じゃないと何分間隔がわからなくなるでしょう?
このときで大体8~10分感覚、
でもたまに15分くらいあくときも。。。
でももう手帳には時間をつけていませんでした

11時くらいに、お友達のGちゃん到着!
とってもとっても心強くなりました!
彼女はすでに小学校三年生の息子さんのママなのね
でも帝王切開だったので
「最後の苦しみは知らんねんー。
すごいらしいでー、えへへ」
なんていって脅していました(;´▽`A
いやあああん、と言いながら実はまだよくわかっていなかったしのん*

LDR

このときにはちょっと痛みが増していて、
陣痛中は話しかけられても答えることはできないくらい
顔をしかめて何かを掴んでがまんする。。。という感じ
そこでGちゃんが、
「これ使い! これいいでー」とすすめてくれたのが、これ
空気の入ったゴムボールみたいなものです
これをかかえてこらえていました
うん、少しはまし。。。なのかな?

痛みは生理痛よりもっときつい感じ
ぎゅーーーーーーって子宮が収縮する感じがとてもよくわかりました
でもなかなか間隔が縮まっていきません

そうこうしていたらダーの両親が到着
たくさんのおにぎりを作ってきてくれていたのー
でも残念ながら食べる元気はなく。。。。

そうしたらお昼前にはしのん*の両親も到着
苦しんでいるしのん*を見て、母が
「大丈夫か? さすったろか?」
といってお腹をさすっていてくれたのです
Gちゃんが「やっぱりお母さんやなあ」って言っていたのを
痛みに堪えながら聞いていたのをよく覚えています
実の母ってやっぱり違いますよね。。。。(´- `*)

そうこうしていたらお昼ご飯が出てきたの!
もちろん食べる元気はなく、
一口食べただけでごちそうさま。。。
でもね、助産師さんに聞いたら
「みんなぺろっと食べてるわよー」ですって!
すごい! 
やっぱり今から産もうっていうんだから、
それくらいの根性と体力ないとだめですよねー

でもでも、しのん*は全然たべられずに
ダーがペロリと食べていました
おいしいって言ってましたー(;´▽`A

そしてみんなにもお昼に行ってもらいました
病院の一階にはレストランやカフェも併設されているのね
なので食べてきてもらって、その間Gちゃんとおしゃべりしていました

お昼を過ぎると痛みがかなり増してきました
それまではベッドに腰かけたりしてたんだけど、
もうそんなことはできなくて
ベッドに横たわっていました
そしたらなせがGちゃんが笑っています
「ふふふ、きたきたー。今からやでー」って
いやあああん、笑わないでーといいながら、
なぜかしのん*も笑顔に
うん、かなり気分転換させてくれました
ありがとうねGちゃん!

みんながランチから帰ってきた頃には
ベッドに横たわって柵を握り締めて耐える。。。。
そんな状況でした
でもね、中々間隔は縮まっていかないの
そのうちダーの手を握って耐えるように。。。。

2時頃Gちゃんが「そろそろ帰るよ」と。。。
えーーーーー、と思ったけれど、
いつになるかわからないし、予定もあるだろうしと
お礼をいっぱい言いました
でもこのとき、もう痛みでヘロヘロの状態です
目を開けるのも辛くなっていて、
ダーの手を握っていないと耐えられない感じになってきました

でもダーだって席をはずす時があるでしょう?
そんな時はだれかれかまわず手を出してもらってました
そして思いっきり握って耐えてました
Gちゃんの手も、母や父の手も借りていましたが、
もう誰の手でもよかったの!!
誰かに側にいてもらわないと不安で不安で。。。
痛いんだけど、不安もいっぱいでした

そしてこの頃にはもう
「今何分?」と聞くのをやめてしまっていました
だってね、聞いても間隔縮まってないだろうし、
そのことを知ると「まだまだかあ。。。」と、
とても残念な気持ちが湧いてくるでしょう?
なので頑張るには時間を気にしないことだわ!
と思ってあえてききませんでした

時間

そうしたらなんと、義母がずっと時間を付けてくれていたんです!
出産が終わってからこのことを聞いて、
そのメモをいただきました
義母は「あら、捨てちゃった」って言うもんだから
「だめーーーー! 拾って~!」といって、
ゴミ箱から拾ってもらいました
初めはお箸袋の裏に書いてくれていたの!
こんな思い出の品、捨てられないわー!
お義母さん、ホントにありがとう

おやつ

痛みに耐えることに集中していると、
時間って案外あっという間に過ぎるんですね
気がつけば「おやつ」がやってきていたんです!
お3時にはケーキなどのおやつが出るんですね
そのおやつが届いていたんですー
冷たくって、とても口当たりのいいスイーツ!
いつもならぱくぱくって食べちゃってたところですが、
やっぱりこれも食べれませんでした
でもご飯よりは食が進んだかもです
残りはやっぱりダーがペロッ
食べ残しばっかりでごめんねー

そして夕方頃でしょうか。。。。
この頃にはもうずーーーーーーっと横になったまま
そして目も閉じたまま、陣痛がやってくるのを待つ。。。
そんな感じでした
起き上がれないし、話もできる状態じゃなかったです
とにかく汗だくで。。。。
痛いってもんじゃないーーーーー!
もうムリ! 絶対ムリ!
と思いながらも、それを口にはしませんでした

だってね「ムリ」と言ったところでどうなるもんでもないでしょう?
「そうね、じゃあやめましょう」
なんてことにはならないものーーーー
なのでひたすら無言で耐えていました

何時頃だったのかなー
「夕方から替わりますのでー」と、別の看護師さんがこられました
そうかー、もう夕方かあ。。。と思いながら軽く頷いていたら
「目あけて顔見てー。よろしくね」って
そう、しのん*はとにかくずーーーーっと目を閉じていたの
そのほうが集中できる感じがして。。。。
そして看護師さんの顔を見て
「よろしくお願いします。。。」というのが精一杯
そして再び目を閉じちゃいました
看護師さんは
「私が帰るまでに生まれるかなー」ってぼそっと言ったのね
で、え?それっていつだろう?
なんて思って、思わず聞いちゃったの
「看護師さん、何時までなんですか?」って。。。
そうしたら「朝の9時までー」って!
なにーーーーーーー!!??
ま。。。。まだまだじゃあないですかーーーー
と、一瞬がっくり。。。。

でもでも、気にしない事にしました
だってぐったりしてから気づけばもう何時間も経っているし、
そうこうしているうちに朝になるんじゃないかと思ったの
すでにカーテンが閉められていたので、
外が明るいのか暗いのかももうわかりませんでした

ダーは陣痛がおさまるたびにお茶を勧めてくれていたのだけれど、
それもほとんど口にしていませんでした
そうしたら看護師さんが
「飲まないとダメ。できるだけ飲んで。脱水症状になるよ」って
なので頑張って飲むようにしたのだけれど、
やっぱりあまりほしくなくて殆ど飲みませんでした

あんまり進まないので看護師さんが
「少し座ってみよう」
ということで、ベッドの上であぐらをかくように座りました
背もたれを上げてもらって座っていたのだけれど、
この体制で陣痛を乗り切るのはとっても怖かったです!
痛みが来たときに、逃がしようがなくて!
でもしばらく頑張って、自分からは
「ムリです」とは言わなかったんです
だって看護師さん言うことを聞くしか、
しのん*にはできることはなかったですし。。。

そして5時前に一度体温を測りました
37.5℃
少し微熱です
こんなもんなんでしょうか。。。?

そうこうしていると、気がつけば晩御飯がやってきましたーー
えー! もうですか?
と思いながらも、なんとかあぐらのまま食事を取りました
でもやっぱり食べれず。。。。
大好きな金目の煮付けだったのに、一口食べて
「おえーーーーーー」
ってなっちゃったの
においが鼻についちゃって、とても食べれませんでした
残念。。。。
結局これもダーがペロリ
あーあ、食べたかったなー

そしてその後再び横になりました
看護師さんが「赤ちゃんの様子を見ましょうねー」
ということで、分娩監視装置を付けることになりました
しかし「あれ、心拍わからないなー」なんてことに!
とってもとっても心配で不安になりました
随分長い間おなかの上から探してくださったのだけれど、
結局わからず先生に電話を入れていました
えーーーん、どうなっちゃうのーーー
と、泣きたいけれどその気力もなく。。。

そしてしばらくすると
「あったあった!元気やねー」と。。。
よかったーーーーーー
ホントに心配しました
結局先生は来られませんでした
ベビちゃんの心拍のとっても元気でした

9時前になるとなんだか陣痛とは違った痛みがやってはきました
陣痛のように波のある痛みではなく、
ずーっと痛いんです
それもキリキリしした感じの痛みで、
これが結構きつかったです!
多分数時間続いていました
もうくたくたです。。。

看護師さん曰く、その痛みは大丈夫とのこと
ベビちゃんも元気だし、
このときでもまだお腹の中で元気に動いていましたし
ベビちゃんの足とかが突っ張っているのかも。。。とのこと
そ、そうなの?
もうすぐ生まれるっていうのに、何を突っ張っているのかしらー

どうやら子宮口は順調に開いてきていて、
すでに8センチくらいになっていたんだけれど、
赤ちゃんがおりてきていないんですって
そこで看護師さんが
「お名前もう決めてる? 決まってたら名前呼んであげよう。
ずっとその名前で呼んでたんなら、
きっと反応しておりてきてくれるよー」って

実はお名前は前から決めていたのだけれど、
まだ誰にも話していなかったのね
もちろん両方の両親も知りません
なのでダーと顔を見合わせて一瞬
「どうしよう?」という顔に
でもベビちゃんに届くなら。。。と、ダーが
「前から決めてたんですけど、まだ誰にも内緒やったから。
今発表します!」って
そしてみんなにCOCCO*の名前を発表!!
みんな「かわいいーーー♪」と言ってくれました
そしてみんなでお腹に呼びかけ開始!
早く下りてきてちょうだいねー

そしてこれからしばらくして、
どうやら今日中には生まれそうにもないってことで
しのん*の両親は帰っていきました
しばらくして、ダーのお父さんも帰りました
お義母さんにはね、しのん*がお願いして残ってもらったの
だってダー一人だとしんどいかなーと思って。
しのん*もお義母さんにいてもらったほうが安心だったし

そしてお義母さんは、夕方から生まれるギリギリまで
陣痛が来るたびに腰を押したりさすったりしてくれたのでした
ホントに感謝感謝です

9時半ごろ,やっぱり間隔は6~10分と縮まらず。。。
しかも水分は取らない、食べてない。。。。ってことで
点滴をすることになりました
しかし!
以前から何度かお話しているように、
しのん*の血管は細くて刺しにくい血管。。。
しかも陣痛に耐え続けているため、
血管も結構収縮しちゃってたみたいで、
余計に刺しにくくなっていたみたいです
両腕試してくれたんだけれど失敗
で、やむなく手の甲からすることに
痛いんですよね、手の甲。。。。(>_<)
看護師さんも、いきむ時にバーを掴んだりするし、
できれば腕にしたいなーと頑張ってくれたんですね
でもやっぱりダメでした
そして、この点滴は出産後しばらくまで、
ずっと続けていました

陣痛の間隔は一向に縮まらず、
痛みは大体一回が2分くらい続きます
ものすごーーーーーく痛いときもあれば、
あれっと思うくらい軽い時もあるんです
かなりまばらですよねー

こうして午後になってからは一向に進まず、
同じような調子が続いて夜はふけていったのでした


長い文章を読んでくださってありがとうございます
今日はここまでー(*^-^*)
続きはまた次の機会に書かせていただきますね
ほんと、出産って道のりが長いものですよねー


いつも読んでくださってありがとうございます
頑張って記事をアップしていきたいと思いますので
これからもどうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
十人十色ですねぇ
痛みに耐える時間が長かったんですね。
あっという間に時間が過ぎるくらいの痛み……想像しただけでヒェ~です><

それにしても、お産ってホントに人それぞれだと思いました。
初産の友達は、陣痛が10分間隔になって入院し、約2時間後には赤さんをだいていたそうです。
分娩室に入ってからは、わずか20分での出産。
痛みも耐えられる程だったらしく、助産師さんや先生がバタバタと準備しているのを冷静に見ていたそうです。

私はどっちだろう???
2008/10/06(月) 10:49:37 | URL | んこ #-[ 編集]
私も2日間ぐらい耐えて脱水になりかけて点滴しましたよ~
なつかしい(^^)
ドキドキしながら読んじゃった
次で生まれるかな?
また時間があるときにでも書いて下さいね♪
2008/10/06(月) 15:59:09 | URL | すみ #-[ 編集]
はじめまして
こんにちは^^
私も不妊治療を経て妊娠することができ、現在37wを迎えたものです
私もLDRで出産を予定しているので、しのんさんの出産レポを見ながらドキドキしていました(笑)
初めての経験なので、陣痛ってどんな痛みなんだろう?と考えてますが、みなさんそれを乗り越えてかわいい赤ちゃんに会えるのですものねー♪
私もがんばるぞ!
次のレポも楽しみにしています^^

2008/10/06(月) 17:23:26 | URL | ミー #LRJXaDgA[ 編集]
んこさま
いつもコメントほんとにありがとうございます♪
んこさんももうすぐですねー(*^-^*)
ドキドキだと思いますが、案外お友達のように超安産かもですよっ?
ぜひそのお友達のようになるように、ご安産をお祈りしていますねっ(-人-)
痛みはとっても言葉では表わせないけれど、きっと耐えられるようにできてるんだなーって思いました
女ってとっても強いもんですねっ!

いつ陣痛がきてもおかしくない時ですから、十分休息をとってリラックスして過ごしていてくださいねー(´- `*)

2008/10/07(火) 13:03:57 | URL | しのん* #YK3S2YpI[ 編集]
すみさま
いつも読んでくださってありがとうございます
すみさんも似たような感じだったんですねー(;´▽`A
ホント、食欲もなにもないのに汗だけは大量に出ていたので、点滴されてもしかたなかったなーって思います
飲み物さえ受けつけなかったんですもの、体によくないですよねー

次で生まれるよう、がんばって記事書きますねー(*^-^*)
ぜひぜひまた読んでくださいませ♪
2008/10/07(火) 13:06:40 | URL | しのん* #YK3S2YpI[ 編集]
ミーさま
はじめまして(*^-^*)
そしてご妊娠おめでとうございます♪
もうすぐご出産なんですねー
治療を経ての待ちに待った赤ちゃんとの対面ですもの、きっととてもワクワクされていることと思います
しのん*もその頃にはワクワクの方が大きかったかも。。。ですもの(´- `*)

陣痛の痛みって、ホントに想像つかないですよねー
でも徐々に強くなってくるし、案外耐えれたなーって思います
もちろんその時は「もうムリ! 死んじゃう!」と思ったものなんですが。。。(;´▽`A
LDR、とってもいいですよー
アロマをたいてくれたり、音楽やライトでのヒーリングもかなり楽になったと思います
あと少しでご対面ですねっ
今はゆっくりとリラックスして過ごしてくださいね(*^-^*)
ぜひまた遊びにきたください☆
2008/10/07(火) 13:26:55 | URL | しのん* #YK3S2YpI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://maisondubebe.blog22.fc2.com/tb.php/54-d2d1a871
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

Pearl Box
Template designed by haruko-mai
Copyright (c) 2006 haruko-mai All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。